基礎代謝を上げて体脂肪を減らす方法

基礎代謝を上げて体脂肪を減らすコツ

ダイエットはただ体重を落とせばいいというわけではなく、健康的に行わなければなりません。

 

いくら体重が落ちても、締まりのある、筋肉が付いたボディでなければ魅力的ではありませんよね。

 

つまり、ダイエットする際には、「体脂肪を減らす」ことに着目し、行わなければいけないのです。

 

それでは、体脂肪を効果的に減らすダイエット方法を見ていきましょう。

 

体脂肪を減らすための基本

まずは、体脂肪を減らすダイエットの基本的概念ですが、「筋肉を残しつつ、体脂肪を減らす」ということが重要となってきます。

 

そのためには、極端な減量や、激しい運動は効果的とは言えないでしょう。

 

全てをバランスよく行うことが、体脂肪を減らすためには重要なのです。

 

普段の食生活に注意する

 

ダイエットをしたいのであれば、食事は抜かず、バランスのとれた食事を1日三回摂るようにしましょう。

 

炭水化物のご飯を主菜とし、肉や魚、卵、豆類などといったタンパク質と、食物繊維の多い野菜や果物などといった栄養素をバランスよく摂取することを心がけます。

 

理想は、一日30品目摂取することです。

 

栄養が不足すると栄養素の吸収率が悪くなり、脂肪が燃えにくくなるので注意しましょう。

 

基礎代謝を上げ、痩せやすい体質をつくる

基礎代謝が下がると、脂肪は燃焼されず、どんどん蓄積され痩せにくい体質となり内臓機能も低下し、便秘の原因にもなります。

 

また、基礎体温も下がり、痩せにくくなってしまいます。

 

基礎代謝が上がると、少々カロリーの多い食事をとっても太りにくく、健康的になります。

 

代謝を上げるためには

代謝を上げるためには、まず腸内環境を整え、老廃物を体に溜め込まないようにしましょう。

 

そのためには、乳酸菌を多く含む発酵食品や、食物繊維を多く含む雑穀米、グリーンスムージーなどを日々の食事に取り入れてみるのも効果的です。

 

また、代謝を上げる飲み物として、カフェインを適度に摂取するのも良いでしょう。

 

交感神経を刺激し、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼へとつながります。

 

有酸素運動で体脂肪を燃やす

有酸素運動は、体内に酸素を多く取り込みながら行う体に負担の少ない運動です。

 

体内に酸素を多く取り込むことで、血液循環も良くなり脂肪燃焼にも効果的です。

 

有酸素運動を毎日行うことで、基礎代謝アップにつながるのです。

 

筋肉を増やす

筋肉の多い人は、少ない人に比べて痩せやすい傾向にあります。

 

理由は、筋肉量の多い人ほど基礎代謝が高いからです。日々の運動に、軽い筋トレを取り入れてみましょう。

 

また、ヨガ、ピラティスといった体幹を鍛えるようなタイプのものがおすすめです。

 

体温を上げる

体温が上がれば免疫力も上がり代謝も上がります。

 

お風呂はシャワーで済ませるのではなく、湯船にゆっくりつかり、リラックスしながら一日の疲れを取りましょう。

 

冷えが気になる方は、生姜やカボチャ、ニンジン、ゴボウ、タマネギなどといった、体を温める食べ物を食べるのも効果的です。

 

いかがでしたでしょうか。

 

ダイエットと代謝は深く関係し、代謝を上げることで体脂肪を減らすことがご理解いただけたと思います。

関連ページ

有酸素運動と脂肪燃焼の関係についてご紹介
有酸素運動と脂肪燃焼の関係とは?有酸素運動と脂肪燃焼の関係について詳しく取り上げます。