有酸素運動と脂肪燃焼の関係についてご紹介

有酸素運動と脂肪燃焼の関係を詳しく説明します

脂肪を燃焼させるために効果的な有酸素運動とは?

 

有酸素運動は、無理せず気軽に行えるので、運動が苦手な方や高齢者にも、大変人気の高い運動方法です。

 

体への負担は軽〜中程度なものが多く、種類としては、ウォーキング、エアロビ、水泳、ヨガ、ピラティスなどがポピュラーですね。

 

脂肪燃焼にも効果的と言われている、この有酸素運動。

 

では、一体どのくらいの時間継続して行うのが、よりその効果を発揮できるのでしょう。

 

また、脂肪燃焼により効果的な方法も探っていきたいと思います。

 

まずは有酸素運動の効果と脂肪燃焼のメカニズムをご紹介します。

 

有酸素運動の効果

有酸素運動を継続的に行うことによって、体脂肪の燃焼はもちろんのこと、心肺機能の強化や血行促進、基礎代謝の向上、骨粗鬆症の予防などが期待できます。

 

また、ストレス解消にも良いと言われているので、ダイエット目的で行われる方もさることながら、日々の健康維持にもぜひ取り入れたいですね。

 

脂肪燃焼の仕組み

糖質を摂取すると、ブドウ糖に分解され、血液で体中に運ばれます。

 

この血液中のブドウ糖の数値のことが、血糖値です。

 

有酸素運動を始めると、血液中のブドウ糖がエネルギー源として消費されます。

 

このブドウ糖が消費されると、次に脂肪細胞に貯蔵していた中性脂肪をエネルギー源として消費します。

 

要は、ブドウ糖を消費し切ると中性脂肪を燃焼させるのです。

 

いかがですか。

 

次は、効果的な有酸素運動についてご説明します。

 

酸素を取り込む

有酸素運動で一番大切なことは、酸素を普段より多く体内に取り込むことを意識しながら行うことです。

 

その際、腹式呼吸を心掛けます。

 

頭のてっぺんからつま先まで、全身の細胞に酸素を届けるようなイメージで呼吸します。

 

そうすることで、血液の循環が良くなり、脂肪燃焼にもより効果的になるのです。

 

これが有酸素運動の基本とも言えます。

 

脂肪燃焼までに必要な継続時間

有酸素運動は、「20分以上継続して行わないと効果がない」と思われている方が多いと思います。

 

しかし、これは「20分以上運動すると、より効果的」と言った方が良いでしょう。

 

たとえ10分であっても、筋肉を動かせば、脂肪燃焼効果は期待できるということになります。

 

5分・10分といったように、数回に分けて、合計20分以上になるように行うのも良いでしょう。

 

忙しい人にとっては、このぐらいであれば、継続して運動できそうですね。

 

通勤時や、昼休みを利用するのも良いでしょう。

 

20分以上という時間には、あまりこだわらず、自分のペースに合わせて体を動かしてみましょう。

 

脂肪燃焼のための有酸素運動は空腹時が効果的

食事の後は、血糖値が高くなっているため、中性脂肪の燃焼が始まるまでに時間がかかってしまいます。

 

それに対して、空腹時は血糖値が低くなります。

 

と言うことは、血液中のブドウ糖がすぐに消費され、満腹時よりも早い段階で中性脂肪が燃焼され始めます。

 

あくまでも体調を管理しながら、無理のないように取り組むのが基本です。

 

いかがでしたでしょうか。

 

有酸素運動は、日常のあちこちで取り入れることのできる、身近な運動とも言えますね。

 

関連ページ

基礎代謝を上げて体脂肪を減らす方法
基礎代謝を上げて体脂肪を減らすにはどうすればいいか?